【お金借りる方法まとめ】今すぐ安心して借りれるのは?

このサイトでは
このサイトでは、以下の内容をご紹介しています。

  • 簡単手続きで今日中にお金を借りる方法
  • ネットのみで完結するお金の借り方
  • 色々なお金の借り方との比較

結論から言うと、お金を簡単な手続きで借りるなら、プロミスアコムがオススメです。ネットからの申し込みで簡単に手続きができますし、信頼できる大手なので安心感もあります。30日間無利息で利用できることもポイントです。

簡単な手続きで今すぐ安全に借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム プロミス

「はじめてのアコム」でおなじみのアコム。そのキャッチフレーズの通りはじめてお金を借りる方が多く利用する人気のカードローンです。はじめての利用なら30日間無利息で借入が出来ます。

≫詳細はこちら

『WEB完結』を利用すれば「申込⇒審査⇒借入」の一連の手続きが全てネットのみで完了します。審査もスピーディーで、今日中にでも借りたいという急ぎの方が多く利用しています。初めてのご利用の場合、30日間無利息(※1)で借入が可能です。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

信頼できる大手がやっぱり安心

プロミスもアコムも大手金融グループの一員です。

    • アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ
    • プロミスはSMBCグループ

ネットからの簡単手続きでお金を借りたいといっても、怪しげなところで借りるのではとっても不安になってしまいます。やっぱり、大手金融グループの後ろに控えている有名サービスで借りるのが安心ですね。プロミスもアコムも即日融資に対応出来るスピード感もありますし、30日間の無利息サービスがあることもおすすめの理由です。

 

【即日融資可能カードローン】ユーザーおすすめランキング

  • プロミス

    プロミス

    プロミスなら審査時間30分で審査完了!すぐにお金を借りられます。三井住友フィナンシャルグループ(大手銀行)の一員なので安心して利用できます。

    評価
    実質年利4.5%~17.8%
    限度額500万円

    プロミスのWEB完結なら、申し込み⇒借入の一連の流れをネットから簡単手続きで完結できます。もちろん途中で不明点があればオペレーターの方が丁寧に電話で教えてくれますから安心ですそれに、プロミスレディースなら女性オペレーターが対応してくれます。女性はもちろん男性にも大変人気のあるサービスです。

    ↓※女性だけでなく男性も利用できます♪↓
    プロミスレディースの詳細を確認する>>

  • アコム

    アコムなら24時間365日お申し込み可能!最短30分の非常にスピーディーな審査で即日融資を受けられます。アコムは貸付残高No.1!と安定した人気を誇っています。

    評価
    実質年利3.0%~18.0%
    限度額800万円

    CMでおなじみのアコムは三菱UFJフィナンシャルグループの一員です。知名度抜群ですし、『はじめてのアコム』のキャッチフレーズのとおり、初めてお金を借りる方にまさにうってつけの安心して利用できるカードローンです。年齢性別問わずたくさんの方がアコムを利用してお金を借りています。

  • SMBCモビット

    300x250 オリコンバナー

    SMBCモビットモビットは土日祝でも21時まで申し込み可能なカードローンです。わずか10秒で簡易審査結果が判明するので、早急にお金を借りたい方にとってもオススメ!幅広い年代の方が利用していますが、その中でも特に30代以上の方に根強い人気を誇ります。

    評価
    実質年利3.0%~18.0%
    限度額800万円

    WEB完結申込なら、「電話連絡なし」「郵送物なし」で利用できるので周囲の方にバレずに内緒で利用できます。三井住友銀行グループなので初心者にも安心です!

 

【当サイト厳選】簡単手続きで借りれるおすすめカードローン

お金を簡単な手続きで借りたいなら

がオススメです。プロミス、アコムのどちらも『申し込み⇒審査⇒借り入れ』の一連の流れが非常にスムーズに進みます。最短で即日での融資にも対応しています。つまりネットで今日申し込むと今日中にお金を借りることができるということです。

ネットからの手軽な手続きで借りられるプロミスとアコムは、どちらも初回利用なら30日間無利息でお金を借りられます。

簡単な手続きで今すぐ安全に借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム プロミス

「はじめてのアコム」でおなじみのアコム。そのキャッチフレーズの通りはじめてお金を借りる方が多く利用する人気のカードローンです。はじめての利用なら30日間無利息で借入が出来ます。

≫詳細はこちら

『WEB完結』を利用すれば「申込⇒審査⇒借入」の一連の手続きが全てネットのみで完了します。審査もスピーディーで、今日中にでも借りたいという急ぎの方が多く利用しています。初めてのご利用の場合、30日間無利息(※1)で借入が可能です。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローンの基礎知識

カードローン基礎知識目次

利用可能な方の要件

カードローンでお金を借りられる人には条件があります。 それは、

  • 20歳以上
  • 定期的な収入がある


という2点です。
お金を借りるというのは法律上の契約行為にあたりますので、20歳以上になっていなければお金を借りることができません。

貸金業者は利息を得ることにより利益を出しています。もしも、貸したお金が回収できなくなってしまうと経営が成立しません。そのため、貸したお金をきちんと返済してもらえるように、安定した収入があるかという点を利用条件としているのです。この点については、銀行などの他の方法でお金を借りる際でも基本的には同じことです。

申込みの仕方について

カードローンでお金を借りるにはまず『申し込み』を行っていきます。申し込みはパソコンやスマホを使ってネットから簡単に行うことができます。お近くに自動契約機や契約できる窓口があればそちらから申し込むこともできます。

大手消費者金融では借入までのスピードを重視していて、即日融資を受ける事が可能なところも多いです。

当サイトでも、オススメカードローンを紹介していますから参考にしてください。

審査内容と流れ

カードローンの申し込みをした後は「審査」に移ります。審査内容の詳細はどこのカードローン会社も公表していません。

間違いないと断言できることは、『貸したお金をちゃんと返済できるか』という観点から審査が行われるということです。 なぜかというと、貸し付けたお金が回収不能になってしまったらカードローン業者は経営が立ちゆかなくなってしまうからです。審査に関係してくる項目の例を挙げると、

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 借入履歴


といった項目があります。

カードローンの審査では、申込のときに記入した勤務先に勤務しているかを確かめるという目的で電話連絡が入ることがあります。(『在籍確認』と呼ばれています。)

ただ、中にはカードローンでお金を借りていることを会社に知られたくないと思う人もいるでしょう。そんな利用者の気持ちに気を配ってか、在籍確認の電話がかかってくるときには、消費者金融系のカードローン会社では業者名を名乗らずに個人名を名乗って電話してくることが多いです。また、そもそも電話連絡による在籍確認をしていないカードローンも存在しています。会社にバレたくない方にはこちらをオススメします。

電話連絡による在籍確認をしないカードローン>>

金利について

カードローンでお金を借りた場合、利息がかかります。カードローンの会社はこの利息を利益として稼いでいるので当たり前ではあります。いったいどのくらい利息がかかってくるのかということは、お金をこれから借りようとする方にはとても気になると思います。

お金を借りる場合に発生する利息は、以下の計算方法によって算出可能です。

利息の計算方法
利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

返済の仕方について

借りたお金は返済していくことになりますが、返済方法はとても簡単な手続きで行えます。指定の返済期日までに、コンビニ等に設置されたATMから、発行されたローンカードを用いて入金すれば済みます。

その他、カードローン会社各社では、より返済してもらいやすい方法が用意されています。例えば、ご自身の銀行口座からの引き落としによる返済方法や、業者が指定する銀行口座に振り込んで入金することによる返済方法等です。具体的にどんな返済方法が用意されているかについては各社公式サイトで確認してみてください。

借りたお金はできれば早急に返済してしまいたいと思いませんか?そこで、早期に返済を終えるための知恵である「繰り上げ返済」を紹介します。例を挙げると、設定された月々の返済額が仮に5,000円だったとすると、プラスアルファで余分に入金して合計10,000円を入れると、その分借入残高は早くなくなることになります。このようにすれば、、支払わなければならない利息は少なくて済ませることができます。いずれ全額返済しないといけないのですから、どうせなら早めに余裕を持って返済する考え方でいれば、どんどん借金残高は減少していきます。どんどん繰り上げ返済をして残高を減らしてくのが、結局の所、楽だと思います。

消費者金融は、一般的には金利が高いと言われることも多いようです。ですが、少額を借りる場合なら、それほどかからずに返済できると思います。大手消費者金融の各社では、借りた翌日から一定期間の間は、利息がかからずに借入可能なお得なサービスが実施されています。プロミスやアコムならサクッと借りて無利息期間の30日以内に返済してしまえば利息を一切かけることなくお金を借りることだってできるのです。

30日間無利息で借りれるカードローン>>

 

『総量規制』とは?

消費者金融は貸金業法の規制を受ける貸金業者です。そして、その貸金業法の中には『総量規制』というルールが規定されています。この総量規制のルールに従えば、消費者金融は『年収の3分の1以下までしか貸付できない』ということです。

つまり、消費者金融からは各社合計で、年収の3分の1までしか借りることが出来ないと言うことです。同様に、クレジットカードのキャッシグも総量規制の縛りを受けます。

例えば、あなたの年収が300万円だったとしたら、各社からの借入の総合計金額で100万円までしかお金が借りられないと言うことです。

簡単な手続きで今すぐ安全に借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム プロミス

「はじめてのアコム」でおなじみのアコム。そのキャッチフレーズの通りはじめてお金を借りる方が多く利用する人気のカードローンです。はじめての利用なら30日間無利息で借入が出来ます。

≫詳細はこちら

『WEB完結』を利用すれば「申込⇒審査⇒借入」の一連の手続きが全てネットのみで完了します。審査もスピーディーで、今日中にでも借りたいという急ぎの方が多く利用しています。初めてのご利用の場合、30日間無利息(※1)で借入が可能です。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローンのよくある質問

お金を借りる目的に何か制限はありますか?

中には、自動車ローンや住宅ローンなど借りたお金を何に利用するかが制限されている貸付もあります。ですが、カードローンの場合は借り入れたお金の使い道は特に制限されていないのです。よって、カードローンで借りたお金を何に使おうと基本的に自由です。

借りる金額はいくらまで大丈夫ですか?

消費者金融は、貸金業法による規制を受ける貸金業者です。貸金業法では「年収の3分の1」までしか貸し付けられない「総量規制」というルールが定められています。そのため、各社での借入の総合計額の合計は最大でも年収の3分の1までとなります。たとえば、年収240万円の方なら各社合計で最大80万円までしかお金を借りることが出来ません。

少額の借入、例えば1万円でも大丈夫ですか?

借りる金額は、1万円などの少額でも大丈夫です。もしかしたら、消費者金融でお金を借りるときには20万円や30万円などそれなりにまとまった金額でないといけないのではと思われている方もいるかもしれません。ですが、実際のところ大手消費者金融会社では、借り入れるときの最低金額を設定していない業者が多いです。最低借入額を設定している業者もなかにはありますが、その場合も「1万円から」の借入でOKとなっています。

家族や会社に借入がバレてしまいませんか?

借入をご家族や会社など周囲にバレたくない人も結構いると思います。そうした方は、バレやすいタイミングに注意すればバレずに借りることも可能です。バレやすいタイミングというのは、1.在籍確認、2.郵送物の送付、の2点です。カードローンの審査では勤務先に在籍確認として電話がかかってくることがあります。この際に借入がバレやすいです。また、自宅にカードローン会社から郵便物が届いてそれによって家族に借入がバレてしまうということもあります。

このように、在籍確認や郵便物によって借金がバレてしまう可能性があるため、カードローン申込みの際に、カード受け取り方法や在籍確認方法に気をつけなければいけないと言うことです。その点、電話連絡なし・郵送物なしで利用できるカードローンがあります。家族・会社にバレずにお金を借りたいということなら、こちらを利用してお金を借りるのがよいでしょう。

電話連絡なし・郵送物なしで利用可能なカードローン>>

返済はどんな方法でできますか?

借りたお金は簡単に返済出来ます。近所にコンビニがあれば、そのコンビニに設置されたATMから発行されたローンカードを用いて返済金を入金することによって行えます。他にも、カードローン業者指定の口座に返済金を振り込むことによって返済する方法や、ご自分の銀行口座から返済金額を引き落としてもらうことによる返済方法などにも対応しているカードローン業者もあります。詳細については、利用されるカードローン業者の公式サイトの説明をご覧ください。

学生であっても借りられますか?

中学生・高校生・まだ成人していない大学生は法律上の契約行為ができなのでお金を借りることができません。それに対して、既に20歳以上になっている大学生や専門学生などであってアルバイトをしているなら、学生でもカードローンを利用できる要件を満たせるので借り入れができる見込みがあります。

パートやアルバイトもお金を借りることが可能ですか?

カードローンを使ってお金を借りる事が出来る人の条件は、1.安定した収入、2.20歳以上、という2点です。パート・アルバイトであっても「安定した収入がある」という要件を満足させることが出来ますので、カードローンでお金を借りることができるという見込みはあります。

女性も安心して借りることができますか?

このサイトで紹介しているカードローンは、ずれも女性も安心して利用できるカードローンばかりです。なかでも、女性オペレーターが電話で応対してくれるプロミスレディースは特に女性におすすめです。

主婦も借りることができますか?

専業主婦は消費者金融のカードローンを利用できません。パートなどで勤務されていて少額であってもご自身に給料などの安定した収入があるなら、主婦でも借りられる見込みはあります。

借入する会社の数に制限はありませんか?

借入をすることができる会社数に制限はありません。総量規制によって、各社での借入の総合計額が「年収の3分の1」の範囲内でなければなりませんが、その範囲内であれば自由です。ただし、実際問題として借入件数が相当な数になってしまうと新たに申込みをしようとするとき、審査面で不利に働く可能性はあります。あまりにも借入件数が多い方だと、返済能力について怪しまれてしまうためです。

簡単な手続きで今すぐ安全に借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム プロミス

「はじめてのアコム」でおなじみのアコム。そのキャッチフレーズの通りはじめてお金を借りる方が多く利用する人気のカードローンです。はじめての利用なら30日間無利息で借入が出来ます。

≫詳細はこちら

『WEB完結』を利用すれば「申込⇒審査⇒借入」の一連の手続きが全てネットのみで完了します。審査もスピーディーで、今日中にでも借りたいという急ぎの方が多く利用しています。初めてのご利用の場合、30日間無利息(※1)で借入が可能です。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

その他の色々なお金の借り方

色々とお金の借り方はありますが・・・
ここでは、ネットからの簡単手続きでお金が借りられるカードローン以外の様々なお金の借り方を紹介します。ご自身の目で比較していただければと思いますが、利用のための条件が厳しいものや利用目的が限定されるお金の借り方も多いです。

  • ネットで簡単に申し込める
  • 即日融資にも対応
  • 無利息サービスがある
  • 信頼できる大手が運営
  • 利用目的が限定されていない

といったことを考えると、やっぱりプロミスアコムでお金を借りるのが賢明な選択だと思われます。

銀行系カードローン

銀行系のカードローンの場合、消費者金融に比べると多少なりとも金利が低いというメリットがあります。しかしながら、銀行系カードローンは、消費者金融と比べると大変厳しい審査が待っています。審査が厳格であるという影響もあり、審査に要する時間もかなりかかってしまいます。

金利が低いというメリットは確かにあるものの、審査に要する時間を考慮すれば早急にお金を借りる必要がある人にはおすすめできません。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードには「キャッシング枠」というものが設定されている場合があります。このキャッシング枠を利用して、簡単にお金が借りられるばあいがあります。キャッシング枠が設定されたクジットカードをコンビニ等に設置されたATMに入れてお金が借りられます。いまお手持ちのクレジットカードがあるなら、キャッシングに対応しているかどうか確認してみて対応していれば利用を検討されてもいいかもしれません。

ただしクレジットカードのキャッシングでお金を借りる時には常に高い利息を支払わなければなりません。なぜなら、クレジットカードのキャッシングの場合、18%という最大金利でで貸付を行っているところが多いのです。 それに加えて、クレジットカードのキャッシングだと、消費者金融カードローンと違い繰り上げ返済を行うことが出来ません。利息を安く済ませたいからと予定された返済期日よりも前倒しで早めに返済したとしても、利息は安くならないのです。

ろうきん(労働金庫協会)で借りる

ろうきんとは、『労働金庫』の略称で、労働組合や生協などの働く仲間が出資し合ってできた協同組織形態の金融機関です。「ろうきん」は、全国に13の団体が存在していて、お住まいの場所により利用できる団体が異なります。たとえば、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県を営業エリアとしているのが中央ろうきんです。大阪府、滋賀県、奈良県、京都府、和歌山県、兵庫県を営業エリアとしているのが近畿ろうきんです。ろうきんにもカードローンがあって、その地域で働く人なら誰でも利用することができます。

街金

街金は、小中規模の消費者金融会社です。名前の通った大手消費者金融と比べた場合には、知名度は劣ると思いますが、貸金業者として登録しており、個人を対象とした小口融資を行うまっとうな貸金業者です。街金は、大手と違い全国展開はしておらず、特定の地域のみで営業しています。

気をつけなければならない点として、街金の中には、貸金業登録をすることなく違法に営業する業者が存在する可能性があることです。こうした違法業者を間違っても利用しないために、街金でお金を借りる事を検討するなら、財務局のサイトで貸金業登録を行っている業者かどうかをちゃんとチェックしてから利用を考えるようにするといいです。

ビジネスローン

事業用資金のためにお金が必要なら、ビジネスローンでお金を借りるのも1つの手です。ビジネスローンだと、総量規制の対象外になるので年収の3分の1以上を借り入れることも可能です。また、個人向け融資と異なって金利が低いというメリットのあります。ただし、それなりに長期間(数日~1ヶ月程度)を審査に要するので早急にお金が必要という方にはおすすめできません。

銀行の目的別ローン

銀行においては、カードローン以外の融資も行っています。銀行が行う目的別ローンと銀行カードローンとでは何が異なっているかと言えば、最も大きいのは、借りたお金を何に使うかという利用目的が制限されているかどうかです。銀行カードローンの場合、借りたお金を何に使おうが自由です。それに引き換え、目的別ローンの場合は、その名が示すとおり、目的別に商品が設定されていて利用目的も制限されています。

どんな目的別ローンが設定されているかは銀行によって色々あります。代表的な者として例を挙げると、マイカーローン・リフォームローン・ブライダルローン・教育ローン・トラベルローンなどがあります。

銀行の目的別ローンは、金利が低いというメリットはあります。しかし、審査に相当な時間を要してしまうという欠点があります。加えて、目的別ローンに設定された借りたお金の利用目的に合致しない場合、お金を借りられません。早急にお金が必要という場合にはおすすめできません。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、失業などといった事情で生活に困っている人を対象にした公的貸付制度です。窓口業務は各地域の社会福祉協議会が担当しています。具体的には、以下のような貸付の種類があります。

  1. 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  2. 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  3. 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)
  4. 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)


この制度を利用してお金を借りるためには、

  1. 生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯
  2. 仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯
  3. 障がい者手帳を持っている障がい者世帯


と言う条件を満たしている必要があります。この制度を使ってお金を借りることができると、利息が非常に安くて済ませられます。ただ、国の貸付制度の審査基準は非常に厳しいので、相当生活に困っている状況でないと審査通過はできません。年金や失業保険を受給している、生活保護を受給している、他の借入を利用できるなどの場合には、生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りることはできません。

奨学金

進学のときに必要になる学費や生活費などを支援してくれる奨学金制度があります。奨学金には大きく分けて2種類有ります。それは、給付型と貸与型です。「給付型」は、大学卒業後にお金を返還する必要がない奨学金です。「貸与型」の奨学金は、大学卒業後に借りたお金を返還する必要があるものです。代表的な奨学金制度として

  • 日本学生支援機構
  • 大学独自治の奨学金制度
  • 民間団体・その他の奨学金
  • 地方自治体の奨学金制度

などがあります。

奨学金では、非常に厳格に審査が行われます。学業成績、必要な学費の総額、通学に使用する手段なども見られますし、それによって返済年数、奨学金金額や金利も変動していくことになります。

学生ローンで借りる

大学生であれば、『学生ローン』でお金を借りるという手もあります。審査に関して、学生ローンでは借りたお金を何に使うかがとても重視されます。それと、学生ローンでは限度額はさほど高くできません。利息が高くついてしまうのがデメリットですが、利用目的がちゃんとしている学生の方なら学生ローンを検討してみてもよいかもしれません。

家族や親族からお金を借りる

家族や親戚からお金を借りることもできます。親兄弟、配偶者、おじ、おば、祖父母などからお金を借りられるのなら、それも選択肢の1つです。未成年で契約行為ができない中学生や高校生なら、実際問題として身内を頼るしか選択肢がないでしょう。

ただし、、ご家族や親戚からお金を借りるなら気をつけなければならないポイントがあります。それは、1.親戚間・家族間トラブルに発展しないように注意、2.正当な使い道の理由が必要、という2点です。お金を貸してもらうということは、きちんと約束を守って返済しないと信頼関係に大きな傷跡を残してしまいます。血縁関係があるからと甘えずに返済は適切に行わないといけません。それと、家族や親戚にお金を借りる時には、ほぼ間違いなく借りたお金の使い道について確認されます。そのときに、相手を納得させられるだけの正当な理由を用意していないとお金を貸してもらうことは困難でしょう。

ヤミ金 ※危険なので注意喚起として紹介

まず初めにお伝えしておきますが、闇金融は危険な違法業者なので利用するべきではありません。闇金融は、貸金業法上の貸金業者登録をせずに、違法にお金を貸す業務を行う悪質業者です。よく漫画やテレビドラマなどで描かれているのでイメージが付きやすいと思いますが、法外な利息で貸付を行い、激しい取り立てで債務者を追い込みます。

闇金融業者は、貸金業者の登録無しに業務を行っているので財務局のウェブサイトで確認を行っても業者名がヒットしません。ヤミ金でお金を借りるのは大変危険なことなので絶対にやめましょう。

簡単な手続きで今すぐ安全に借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム プロミス

「はじめてのアコム」でおなじみのアコム。そのキャッチフレーズの通りはじめてお金を借りる方が多く利用する人気のカードローンです。はじめての利用なら30日間無利息で借入が出来ます。

≫詳細はこちら

『WEB完結』を利用すれば「申込⇒審査⇒借入」の一連の手続きが全てネットのみで完了します。審査もスピーディーで、今日中にでも借りたいという急ぎの方が多く利用しています。初めてのご利用の場合、30日間無利息(※1)で借入が可能です。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。